たぺログ

Emily likes tennisという日本のバンドのドラムが書くブログ

ドラムを叩いた後に電流で筋肉を破壊された話

 

※この記事には、接骨院に対する素人の偏見や、一部の接骨院に対する個人的な感想が含まれている可能性があります。しかし、その発言の責任は筆者に属するものであり、所属する団体の意思を代表するものではありません。また、前回の反省を活かして接骨院名は明示致しません。

 

ファントム・メナス

先日、東京で活躍するバンド、Emily likes tennisは新宿Motionでライブをやった。イケてる対バンの後に新曲を二つもやり*1、総意としては「ウケたので良かった」という感じであった。ドラムメンバーである私もミスはあったものの、及第点であり、「ウケたので良かった」と結論付けた。ハモるところはまだまだ要練習であった。

しかし、実際には全然良くなかった。問題はライブそのものではなく、その事前後にあったことに私は気が付かなかったのだ。

私がスマホで「カニ漁船漁師 年収」で調べながら帰路についている間にも、その問題は確実に私の身体を蝕んでいた。(ベーリング海のカニ漁船漁師の月収は数千万円だった。)

 

謎の奇病

次の日、会社で「適当に買ったFXで突然50万円儲けてしまった場合のシミュレーション」を脳内でしながらエクセルを眺めていると、急に首~背中にかけてが痛くなってきた。「あ、やべぇ」と思った時にはめちゃくちゃ痛くなった。これは死ぬやつだ!

何度かトイレに行って肩をグルグル回したりした。動かしても痛いんだけど、動かさないと更に筋肉がカチコチになって動かなくなるのだ。最終的には寝違えたみたいに左しか向けなくなってきた。ビートたけしみたいな感じだ。定時になったから行きつけの接骨院に行った。死ぬ!

接骨院の待合室ではEDMと西野カナQueenの「We Are The Champions」が流れていて、俺はひたすら痛みに耐えた。We keep fighting to the endだ。診てもらったら、ずっと顔面に笑顔が張り付いたお兄さんに「肩が超腫れてますよ!」とすごい笑顔で言われた。電気をモリモリ流されて、(いつもの2倍くらい)「明日から2週間で8日は来てくださいね!」と言われた。バイトかよ。久しぶりに来たので初診料も取られた。

だが、俺はコイツを信用していた。俺はここに通って腰痛を9割がた治してもらったのである。高い金を払ってバキバキ骨を鳴らしてもらったお陰で最近は腰痛がほとんど無いのだ。明日からもバキバキやってくれるらしい。どんどんバキバキやってくれ。

 

悲しい真実

次の日の朝5時に目が覚めた。痛い。そして俺は全然上半身が動かないことに気がついた。超痛い。

寝違えた時を思い出してほしい。それを5倍したらその時の俺の感覚になる。寝返りっていうか、もう首が動かない。

死ぬのかなって思った。救急車、呼ぶか?いや、動けないから呼べねえじゃん。

 

俺は病気になるとよく死について考える。ノロウイルスにかかった時は「いっそ殺せ!」と絶叫する。バンプオブチキンも歌ってる。

 

 熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体があるって事
鼻が詰まったりすると 解るんだ 今まで呼吸をしていた事

君の存在だって 何度も確かめはするけど
本当の大事さは 居なくなってから知るんだ

 - supernova / BUMP OF CHICKEN

 

俺、居なくなっちまうのかな。

そしたらみんな、悲しんでくれるかな?

だが、冷静になってみるとどうやら首の筋肉が使えないだけのようで、左手を使ってマネキンみたいな首を少しずつ回し、ベッドから下半身だけ下ろして回転し器用に立ち上がることが出来た。そんで会社に休む連絡を入れて、なんとか整形外科に行った。すげえ時間かかってキツかった。首の筋肉って結構常に使ってるんだなあと思った。あと布団で寝てたら死んでたなあと思った。

スマホで調べて接骨院を開くには国家資格が必要である、と書かれていたので信用していた*2。だが整形外科のおっさんは反接骨院論者だったらしく、

「えっ、接骨院行ったの?あーあ…あ〜あ…これ長引くよ。もう遅いけど…もう行っちゃダメだから!」

と結構マジで怒られた。ジェネリック嫌いとか言ってたので割と過激派原理主義おじいちゃんなのかもしれない。

しかし炎症に対してマッサージがアウトなのはネットにもしっかり書いてあった。俺はショックだった。あのQueenが好きな笑顔のお兄さんが悪いやつだったなんて信じたくない。

信じた瞬間裏切った

 - ラフ・メイカー / BUMP OF CHICKEN

その日は家で安静にして、タイムマシーン3号の動画を見ていたら寝ていた。

 

ゴッドハンド輝

処方された薬を飲んでみると痛みは驚くほど引いた。「医学最高」と再認識した。後で処方された薬をググると、劇薬指定されていたが、医学信者と化した俺にしたらむしろ「めちゃ強い薬最高!弱より強!強さこそすべて!」って感じだった。しかし、痛みと血流は別問題で、首のコリが激しくなると頭が痛くなってきた。そんな時、ゴッドハンド輝の「寝違えの直し方」をネットで見つけた。ここには載せません。なぜならアフィリエイトで他人が儲けるのが癪だからです。ググったらすぐ出てくると思います。

 

早速試してみたら、めっちゃ首がグルングルン動くようになり、僕は「ゴッドハンド輝ヤバイ!」と再認識した。そしてインターネットに感謝した。インターネットには最新の理学療法についても書いてあり、ひたすら「へ~」と思った。 

healthpress.jp

これは腰痛に関してだけどかなり納得した。

接骨院のカードは破り捨てた。

 

分析

  • 炎症に対してマッサージ・電気治療をしたせいで悪化した。
  • 前に腰痛が治ったのも、よく考えたら自分で筋トレするようになって姿勢が良くなったから治っただけだった。
  • Queenは家でも聴ける。
  • ドラム叩いて肩をぶっ壊したのはバトル漫画で必殺技を出した時みたいでカッコイイなと思った。

 

今後に向けて

以下の知見を得た。

 

企画するよ

健康第一で頑張ります。今は首は8割ほど治ってきた。

 

企画の予定があります。体調は120%万全にして臨みます。

ぴあで予約すると対バンのカバーを収録したCDがもらえます。曲はこれから練習します。

 

 6/3(Sat) 秋葉原CLUB GOODMAN

「Emily likes tennis presents オートマチックアフィリエイトセミナーvol.2」 

出演:股下89、パイプカットマミヰズ 

 

また、大阪でのライブもあります。光栄ながら呼んで頂いております。

5/13(土) 難波BEARS

gurumeレコ発イベント[美食家の反撃]

gurume

いったんぶ

犬猫やつあし

 

 

*1:なんとどちらの曲名も僕の意見が採用された。実は僕はこれまでも意外とバンドの方向性に貢献しているのである。

*2:ちなみに接骨院整骨院、整体院、整形外科がそれぞれ違ったり一緒だったりします。